私は人材系の会社で営業をしたことがあります。

これまで様々な雇用形態の人と出会ってきました。
正社員、契約社員、嘱託社員、派遣社員、アルバイト、パート、インターン…。

 

 

当然のことながら、それぞれ雇用契約が違うため、給与形態、福利厚生、契約期間、各種手当等、何もかもが異なります。

やっている仕事は大差なかったので、最初は不思議でした。様々な雇用形態があるということは、働く側からすると働き方が選べるというのと同時に、雇う側にとって雇用に関するリスクを低減できるという意味合いを持っているということを知りました。仕事がどれだけできるかということに関わらず、働く側も雇う側も最初に結ぶ契約に縛られています。良い意味でも、悪い意味でも。

ぼんやりと、結局はどういう風に働くのが一番いいのだろうかとずっと考えていました。

精神的にも肉体的にも健康で、毎日暮らしていけるだけのお給料があれば、それでいいと思いました。

もちろん、きっと正社員が一番です。契約が切れてしまう心配がありません。安心です。

私も生涯身を置きたいと思える会社と出会えたならば、ぜひそうしたいです。

そんな素敵な会社でガンガン出世して、バリバリのキャリアウーマンとしてカッコよく働いてみたいものです。

有期雇用で働く人もかっこいいと思っています。

私は有期契約を結んで働く人を心の中で「プロ社員」と呼んでいます。
契約期間を決めて、お給料を決めて、いつ契約更新をするのかを決める。

それは例えて言えばプロ野球選手と一緒です。
常に自分が評価され、次につながるかどうかにさらされつつも、最終的な契約更新の決定権は自分自身の手にある…。

そんなわけで私は名実ともにプロ社員になるべく、正社員から派遣社員に転職しました。
元同僚たちからは理解されなかったように思います。
正社員という肩書を捨てて、派遣社員になるということは転職市場においてはあまり賢明な判断ではないからです。
私は人材系の会社に勤めつつも、有期契約で働くことの実情を知りませんでした。
だからこそ、有期契約で働くことがどういうことなのか、知りたいと思いました。

 

雇用契約は気にしすぎ無くてもいい

今もし転職に悩んでいる人がいたら、別に無期契約でも有期契約でもどちらでもいいと思います。
優秀な人はどんな雇用形態であっても、会社が手放したくないからです。
手放したくなければ、雇う側から何らかの交渉があるでしょう。
「無期雇用します」だとか「お給料あげます」だとか。
優秀な人と言うのは、特別なスキルを持っている人に限りません。
そんなに特別なことが出来なくても大丈夫です。
会社に貢献していれば大丈夫です。

 

それよりも重要なのは、自分がどんなことがしたいか、何が出来るのか、ということだと気づきました。もっと重要なのは、それを自分自身で知っているということです。

 

 

「どんなことがしたいか」ということについては「どんな仕事がしたいか」ということとイコールではありません。

「どんな生活がしたいか」
「どんな家に住みたいか」
「どんなものが食べたいのか」

そういうことでいいと思います。

 

今はインターネットにどこでもアクセス出来て、多すぎる情報の波に飲まれてしまって、私なんかは結局自分がどうしたいのかわからなくなることがあります。どんな情報よりも自分自身にもっと簡単にアクセスしたいなぁなんて思ってしまいます。考えすぎて、未来が不安になるなんて、よくあることです。肩の力を抜きながらも、理想に近づけるように生きていきたいですね。

とりあえず今日は温かいカフェラテを飲んで

お気に入りの音楽を聴いて読書をするというちょっとお洒落な夜を過ごしたので、よしとしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Haruka Nakagawa

宮城県出身。大学を卒業後、理想的な働き方を追求するため人材会社に入社。企業の採用から雇用管理、社員教育などに関わる。 その後理想的な働き方の実現のためNEXT TRANSITに参画。 まずは自分自身が理想的な働き方を実現するため日々奮闘中。 海と食べることが大好きな27歳。