NEXT TRANSIT

Make your lifestyle

◆熱量を、実行に変えて: あいちアクセレーター2018

約 1 分
◆熱量を、実行に変えて: あいちアクセレーター2018

こんにちは。代表の中川です。

昨日は01boosterさんと愛知県が連携し実施される説明会へ行って来ました。

最初に未来創造のkskさんから愛知県の現状や今後のビジョン。

オープンイノベーションを起こしていかなければならない危機感を、醸成頂きました。

やらねばならない。そして動き続けねばならないと!

少しだけ話したい想いがあります。

【Startup Weekend Nagoya 未来から2カ月が過ぎた】

6月15日に3日間の起業イベントに参加しビジネスを創る種の思考術を学みました。

3日間を終えてとき、『心に熱風が吹いた』という文章を書きました。私は、熱いあの3日間があり、今自分達が勝負をしようとする方向性が決めて、アクセレーターというセカンドステップへと向かっています。

◆ただ、熱量や熱い気持ちって価値でないんですよね。

行動がないと意味を成さない。

行動し、継続し人が集まり、モノやコトが産まれて初めて、お金が廻り始めます。

あの時、起業という世の中に価値を産み出すのはどんなに素晴らしいかを感じた人は多かったはずです。

あんなに興奮していた表情も自分自身が覚えているはずです。

嘘ではない。けして嘘ではないはず。

しかしその後動き続けねば、熱は冷えてしまいます。

【アクセレーターはステップを高める場】

現在お世話になっている介護の会社もアクセレータープログラムを受けています。

そこで大きな変革を迎えようとしています。素晴らしいサービスだと感じました。

しかし、知らない人には聞き慣れない言葉かも知れません。

アクセレーターを簡単にいうと

ビジネスのアイデアを事業にするまでの支援

をしてくれるプログラムです。

自分達だけで考えたアイデアって、実は世の中に出してみるとエゴだったり、課題の設定が間違っていたりします。

また仕組み自体の考え方はよかったけど使い勝手が悪すぎ!

みたいなこともあります。

その舵取りを、起業のプロ達が支援して事業としてくれます。後は実行というベースまで引き上げてくれます。

『知らないことは議論出来ない。』

無知が一番の恐怖だと私は思います。

やってきた。行動した。話した。

だから満足?

それは、空論です。結果が出なければそれもまた無価値です。

世の中に必要とされ、お金を貰える状態にする。そのために何が必要かを考える手助けがあるだけで、人は飛躍出来るものです。

今、それを外部という目線からアクセレーターの意味を体験しています。

だから私達nexttransitも、次へのステップを踏むために、今回のあいちアクセレーターは、参加を表明する予定です。

まずアイデアが採択されるまでいかねばなりませんが!笑

ただ言いたいのは、アイデアがあるなら

そして機会が目の前にあるなら

自分達だけで抱えておらず、行動すべきだということです。

【現状維持という恐怖】

昨日のイベントで一番心に刺さったのは、車業界の今後についてでした。

こんなに今ガソリン車が走っているのに、自分達が生きてるうちに、ガソリン車がなくなる世界が来る。

恐怖しか感じません。

愛知は車産業で成り立っています。殆どの企業がトヨタさんを中心に売上の基盤をつくっています。

今はリッチだからいい?

それは本当ですか?

明日なくなるかも知れないのに?

私は流行り物がすきです。

iPhoneも初期から使ってます。

その時、ガラケーの方が使いやすいじゃん!そんな高いモノ買わないよ!と言れました。

今はどうでしょう?

周りが今では、ガラケーの方がマイナーです。

人は便利さを知り、周囲が変わり始めた後急速にパラダイムシフトがおきます。

未来はアーリーアダプターにより形成されます。

理解されるために伝え続けるより

理解されなくても、必要な社会を創る側にいたい。

この危機感を気持ちで終わらせるのではなく打開する側でありたいと考えます。

【未来を創造する日々へ】

私はプレイヤーであり続けたい人間です。不器用ですけど、前に出続ける。動き続けることが得意です。

ネクストトランジットという団体は、方向性を、走りながら決めてきました。

ただ根底にあるのは、

次への乗り換え先になりたいという使命感です。

今はその場を創るために活動しています。

まだ自分が出来るわけではないけど、こういう機会に一緒に切磋琢磨するのは出来ますし、それも一つの力になる人もいるのではと思います。

そう

未来を創るために、今活動したい人達と一緒に走ることで次へのチャンスをみていきたいと言いたかった。

このプログラムに参加する人は採択されるなくても、ライバルではなく立ち位置として同志に近しいはずです。

是非、愛知から新たな価値を、未来を!

そんなアイデアを一緒に出していけるといいですね。

私達の活動も是非、見守ってください!

あいちアクセレーター

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。